つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

VERION

VERIONについて

VERION イメージガイドシステム

角膜曲率半径、乱視軸、瞳孔径及び角膜径を測定するために用いるシステムです。
切開数・幅・位置、角膜弧状切開数・幅・位置のリファレンス画面上への表示、眼内レンズ計算(レンズモデル、レンズ度数)等の手術計画作成機能も備えています。

VERIONイメージガイドシステム

VERION イメージガイドシステムを活用した白内障手術

従来の白内障手術では、手術や検査で生じる変数が多く、予想外の術後結果を引き起こす可能性がありました。

VERIOMイメージガイドシステムでは、術前に測定したデータに基づき最適な手術計画を練り、その計画に基づいたガイドを表示することができます。

VERIONは以下のことを実現します
  • 測定データの入力ミスを防ぎます
  • マーカーレスとなり、手術の効率を向上させます
  • 多焦点IOL、トーリックIOLをより正確に挿入することができます
  • 手術の再現性を向上させます
  • IOL 定数やSIA(Surgical Induced Astigmatism、惹起乱視)値の検証により、屈折精度を継続して改善していきます

イメージガイドテクノロジー

術前に撮影した患者眼に対し、最適な手術計画を作成することができます。
最適な手術計画により、適切な位置にガイド表示させ、手術精度の向上に貢献します。

デジタルマーキング

トーリックIOLの位置調整をかつてない精度で計画することができます。

IOL固定位置の選択肢

•IOL固定位置として術前瞳孔中心、角膜輪部中心、または視軸中心を選択することができます。
•多焦点レンズ挿入位置も適切に決定できます。

トーリック軸表示

•眼球回旋を考慮したリアルタイムなトーリック軸の表示が可能になります。