つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

症状からの検索

網膜剥離

症状(かすむ・見え方がおかしい・黒いものが見える)から見た可能性のある病気-網膜剥離

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離の多くは、加齢による後部硝子体剥離[こうぶしょうしたいはくり]が生じ、それに引き続いて網膜に裂孔(裂け目や丸い穴)ができ、そこから網膜の下に水が入り込んで、網膜が眼底からはがれる裂孔原性網膜剥離(れっこうげんせいもうまくはくり)です。目の打撲など外傷によっても起こりますが、ほとんどは何の前触れもなく起こり、壮年期で近視の強い人ほど頻度は高くなります。網膜剥離の初期症状としてよくあるのが飛蚊症です。また、目を閉じると端のほうに光が走る光視症も網膜剥離の初期症状として現れることがあります。剥離部位が広がると、視野の欠損、そして急激な視力低下、未治療ではほぼ失明に至ります。その他、網膜剥離の特殊型として、裂孔のない漿液性網膜剥離([しょうえきせいもうまくはくり]ぶどう膜炎などで生じる)や牽引性網膜剥離(けんいんせいもうまくはくり、重度糖尿病の合併症や裂孔原性網膜剥離の放置などで生じる)などがあります。

原因
加齢がほとんど(後部硝子体剥離[こうぶしょうしたいはくり]の発生による)
症状
飛蚊症(小さなゴミのようなものが見える症状)
光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)
視野欠損(カーテンをかぶせられたように見えにくくなる症状)