つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

症状からの検索

糖尿病網膜症

症状(かすむ・見え方がおかしい・見えにくい)から見た可能性のある病気-糖尿病網膜症

糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、我が国では成人の失明原因の第三位に位置しています。糖尿病は、高血糖(血液中の糖分が多くなる事)が原因で、全身の血管や神経がしだいにおかされ、目や腎臓をはじめ、脳や心臓など全身の至る所に障害を来たし、やがて死に至らしめる病気です。糖尿病が怖い病気といわれている理由はこの種々の合併症にあります。網膜症は、網膜の細い血管が次第につまっていき、進行の場合によっては眼内の大出血や増殖膜による網膜剥離、視神経萎縮などから失明することもあります。初期は自覚症状が乏しいため、気がつかないうちに病気が進行してしまう事もありますので、定期的な受診で適切な時期に治療を受ける事が大事です。進行の程度により、単純型(たんじゅんがた)、前増殖型(ぜんぞうしょくがた)、増殖型(ぞうしょくがた)などの分類があります。

原因
糖尿病(治療中の方でも、発症後未治療の期間が長いと思われる方は発症・進行する事があります。)
症状
視力低下、赤く見える、黒く見える(硝子体出血)、目が痛い(血管新生緑内障)