つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

症状からの検索

中心性漿液性網脈絡膜症

症状(見え方がおかしい)から見た可能性のある病気-中心性網脈絡膜症

中心性漿液性網脈絡膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいもうみゃくらくまくしょう)

30代、40代の働き盛りの男性によく起こる病気で、片目のみに起こることが多い病気です。網膜の一番よく見える黄斑部に丸いむくみができるため、見ようとする中心部が見にくくなります。視力も低下しますが、ものがゆがんで見えたり、小さく見えたり、色が変わって見えたりすることもあります。2~3カ月で自然経過で改善することが多いですが再発しやすい特徴もあります。加齢黄斑変性との関連も考えられています。

原因
過労、睡眠不足、心身のストレスなど
症状
視野の中心が暗く見える、ものが実際よりも小さく見える、ものゆがんで見えるなど