つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

症状からの検索

斜視・弱視

症状(見え方がおかしい)から見た可能性のある病気-斜視・弱視

斜視(しゃし)

両眼の視線が正しく見る目標に向かわないものをいいます。外見上は片方の目が正しい方向を向いているのに他の目が内側や外側、あるいは上下に向いている状態で、自分の力で頑張っても両方の目で視線を合わせることが出来ない状態のことを言います。眼筋の神経の異常、眼筋そのものの異常などにより斜視が起こります。生まれつきの斜視の場合もあります。

原因
先天性、眼筋異常、強度近視など
症状
後天性のものでは複視(ものが二重に見える)

弱視(じゃくし)

視覚の発達途上で発達が阻害されて起こる視力障害。視力は生後からしだいに発達し小学校入学時ころまでにその働きがほぼ出来上がりますが、視力の正常な発達が行われず、 屈折異常を矯正するために眼鏡をかけても良い矯正視力が得られないような状態になると弱視と呼ばれます。弱視は、斜視、強い遠視、強い乱視、左右の屈折異常の差が大きい場合(不同視)などがある場合、 起こる可能性があります。なかでも斜視は弱視の大きな原因です。