つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

症状からの検索

加齢黄斑変性

症状(かすむ・見え方がおかしい・見えにくい)から見た可能性のある病気-加齢黄斑変性

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

加齢により物をよく見る網膜の黄斑部に変性を来す、最近急増している眼の病気です。視力が極端に低下し、ものがゆがんで見えたり、見ようとする中心部が見えなくなったりし、適切な治療をしないと進行する病気です。日本人に多い滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性は、黄斑部に生じた新生血管からの出血により突然見えなくなる事もあります。欧米では中途失明原因の第一位、日本でも第四位に位置する疾患です。近年では、VEGF(血管内皮増殖因子)とよばれる物質が眼内に蓄積することで、この病気が発生することが分かってきており、VEGFを抑えることによる治療が主流となってきています。

原因
喫煙、加齢、紫外線、欧米並みの食生活など
症状
見ようとするところが見づらい、テレビの色がおかしく見える、画面が歪んでいる、人の顔が歪んだり欠けて見える、視野の中心部が暗く部分的に欠けて見えるなど