つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

症状からの検索

角膜炎

症状(充血・痛い・ごろごろ・異物感・しょぼしょぼ・涙が出る・赤い・目やに・かゆい・かすむ・まぶしい・見えにくい)から見た可能性のある病気-角膜の障害(感染性角膜炎・角膜びらん・角膜潰瘍・角膜異物)

感染性角膜炎(かんせんせいかくまくえん)

角膜は厚さ約0.5mmの透明な組織で、俗に「黒目」と呼ばれており、角膜に病原性を持った微生物が付着し増殖した状態を角膜感染症と呼びます。 角膜感染症を起こす主な微生物として、細菌・真菌(病原性を有するカビ)・アカントアメーバ・ヘルペスウイルスなどがあります。

原因
けがなどの外傷、コンタクトレンズの不適切な使用、細菌やウイルスの感染、ドライアイによる乾燥など
症状
目の痛み、充血、目やに、涙が出る、視力低下など

角膜びらん(かくまくびらん)

角膜表面の上皮が部分的にとれた状態、わかりやすくいうと角膜の表面をすりむいた状態のことを言います。繰り返しなりやすい状態になったりもします。

原因
外傷、異物飛入、コンタクトレンズ障害、重度糖尿病、目の手術後など
症状
異物感、目の痛み、充血、涙が出る、視力低下

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

角膜びらんと比べ角膜組織欠損が深く、角膜の表面の上皮だけでなくその奥の実質にまで病変が及んでいる状態をいいます。場合によっては角膜穿孔(かくまくせんこう)といって、角膜に孔(あな)があいてしまうことがあり、放置すると失明に至るケースもまれにあります。感染や炎症、自己免疫異常など様々な原因があります。

原因
コンタクトレンズの装用、異物、けがなどによる傷、いろいろな感染 (ヘルペス、細菌、真菌、アメーバ)、膠原病など
症状
異物感、目の痛み(激痛)、充血、視力低下、涙が出る、 多量の目やに(細菌性や真菌性の場合)
関連症状
角膜穿孔を生じると、多量の涙が出て眼痛が軽快することが多い

角膜異物(かくまくいぶつ)

黒目にごみなどがついたり、刺さったりしたものをいいます。

原因
飛んできたゴミ、鉄粉、植物の種子など
症状
強い痛み、異物感、充血など
関連症状
かすみ目、涙が出る