つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

目の病気について

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは?   

眼球の組織の中でカメラのフィルムの役割を果たす部分を網膜と言い、網膜は非常に酸素を必要とする組織ですので、血管が豊富にあります。網膜血管でも心臓からでた血流を運ぶのが網膜動脈、心臓へ帰る血流を運ぶのが網膜静脈もとなります。この網脈静脈の末端の方がつまると網膜静脈分枝閉塞症[もうまくじょうみゃくぶんしへいそくしょう]と言い、網膜静脈の根元の方がつまると網膜中心静脈閉塞症[もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう]と言います。網膜静脈分枝閉塞症では、つまった部分が黄斑[おうはん]という視力を最も出す部分にかかっていると、視力低下がありますが、黄斑と離れた部分がつまっていると自覚的に無症状の事もあります。黄斑部に静脈閉塞部分がかかっていると、網膜静脈から心臓へ血流が戻れないため、血管から水分がしみ出して黄斑部にむくみ(浮腫)が発生し、これが視力低下の原因となります。一般に、網膜中心静脈閉塞症の方が黄斑部の浮腫が高度で視力低下も高度になります。この状態を放置すると、網膜の静脈が閉塞した部分が薄くなり、孔(裂孔)が出来たり新生血管が出てきたりし、硝子体出血や血管新生緑内障の原因となります。

原因
網膜静脈が閉塞する原因として動脈硬化が挙げられます。網膜の中では動脈と静脈が交わっている部分がたくさんあり、動脈が硬くなると静脈がその分押しつぶされてしまい詰まる原因となります。
症状
変視(ものが歪んで見える)、視力低下など。痛みは全く生じません。
治療(その1)

OCT(眼底の血流をとらえる光干渉断層)で、黄斑の部分にむくみ(浮腫)が生じている場合は、抗VEGF剤という薬を注射で目の中に注射します。




・抗VEGF療法
VEGFを抑える特殊な物質を眼内に注射する事により、血管からの水分や化学物質をひかせる治療です。一度の注射では薬剤は目の中で代謝されてなくなり、効力を失いますので、その後は、病気の状態を見ながら適宜追加注射していくことになります。

硝子体注射


                   
・レーザー治療(網膜光凝固術)
造影検査などで血管が完全に詰まっているのが分かった場合は、放置すると詰まった部分に新生血管や網膜裂孔が出てくる可能性があるので、その部分に網膜光凝固をすることにより、新生血管や網膜裂孔が出てくるのを抑えることが出来ます。
治療(その2)
新生血管から硝子体出血を起こしたり、網膜裂孔から裂孔原性網膜剥離が発生した場合には硝子体手術が必要になります。

・硝子体手術
硝子体手術をする事により、硝子体出血を取り除いたり、網膜剥離に対して治療する事になります。

硝子体手術