つじおか眼科 - 大阪市平野区喜連の眼科 - 白内障手術・硝子体手術・先進医療実施施設

つじおか眼科

地下鉄谷町線「平野駅」5番出口
〒547-0027 大阪市平野区喜連1-1-11

06-6701-1101

目の病気について

網膜裂孔・網膜剥離

網膜裂孔・裂孔原性網膜剥離とは?   

球の水晶体より奥(後方)には硝子体というコラーゲンで出来たゼリーが充満しており、その端は網膜に接しています。若いうちはこの硝子体がしっかりしていますが、加齢とともに徐々に硝子体が液化していきます。この際、硝子体が網膜から離れていきますが、時に網膜と硝子体の接着が非常に強い場合があり、硝子体が網膜を引っ張りながら離れる場合があります。その際、網膜が引っ張られて穴(裂孔)が形成され、これを網膜裂孔(丸い穴の場合は、網膜円孔とも呼びます。)と言います。この際、網膜の外側にある脈絡膜という色素(メラニン、髪の毛や虹彩にも多く含まれます。)が目の中に散らばり、病的飛蚊症を自覚することがあります。まれに網膜の血管を引っ張って、硝子体出血を生じることもあります。網膜裂孔は進行しないこともありますが、多くは裂孔を通して液化した硝子体が網膜の下に潜り込み、網膜剥離へと進行していきます。これが裂孔を原因とする網膜剥離、裂孔原性網膜剥離の成り立ちです。裂孔の大きさや出来た位置から網膜剥離の進行スピードは異なりますが、一旦裂孔原性網膜剥離になると、手術以外には治療法はありません。又、裂孔原性網膜剥離を放置した場合、非常に難治性の増殖性硝子体網膜症という病態に進展する事があります。

  
原因
水晶体より後ろから網膜までの空間に硝子体が充てんされていますが、硝子体は加齢とともに後方から液化(液体状になる事)していきます。その際、硝子体は網膜から離れていきます。大抵は無症状で離れていきますが、まれに硝子体と網膜の接着が強い部分があり、硝子体につられて網膜が引っ張られ、裂孔を形成します。この裂孔から液体状になった硝子体が網膜の下に流れ込んでいくことにより、網膜剥離になっていきます。
症状
視野狭窄、視力低下、先行して光視症(光が視野の端にうつりこむ症状)やひどい飛蚊症が生じることが多いです。痛みなどは全く生じません。
治療(その1)
網膜剥離のない網膜裂孔のみの場合は、次のような治療が必要です。

・光凝固(レーザー治療)
網膜裂孔が発見された場合には、ただちに網膜光凝固を行うことが多いです 。レーザーを裂孔の周囲にうつ事より、網膜剥離にならないようにします。画びょうを孔の周りにうつイメージが近いと思います。ただ、レーザーがおちついてしっかり接着するまで約2週間程度かかりますので、その間は、激しい運動などは制限する必要があります。
治療(その2)
裂孔原性網膜剥離にまで進行してしまった場合は、手術が必要になります。

・硝子体手術
裂孔の周囲の網膜の下に液化した硝子体(網膜下液[もうまくかえき])がある場合は、レーザー治療では接着しませんので、手術が必要になります。手術後は目の中に特殊なガスを入れて原因となる裂孔をおさえる為、1日から数日うつ伏せが必要となります。

硝子体手術




・網膜復位術 
若い方の裂孔原性網膜剥離の場合、眼球の外側にバックルという特殊なスポンジやシリコンで出来た素材を縫い付けて網膜剥離を治療する手術があります。この場合、術後に眼内にガスなどは入りませんので、術後に体制に制限がないことが多いです。